Pocket

アトピー性皮膚炎の対応には、できるだけ早く治癒したいと思い、

薬品に頼りがちですが、 考え方を構築することが重要です。

ここでは、「アトピー性皮膚炎とは?」「アトピーの改善するには?」「体質改善が重要か?」

にせまってみました。

アトピー性皮膚炎ってどんな病気か?

アトピー性皮膚炎を簡単に定義すると、「アトピー素因の人がかかり、悪化と軽快を繰り返すかゆみのある湿疹性疾患」のことです。

アトピー素因とは、遺伝的に受け継いだ、この病気になりやすい肌の性質のことです。

患者さんの多くは5歳までに症状が現れます。

そして湿疹が乳児では2か月以上、それ以上の年齢では6か月以上続くときにアトピー性皮膚炎と診断されます。

日本人の病気を持っている人の割合は、乳幼児で約30パーセント、18歳では11パーセントと推定されています。

この病気の特徴はなんといっても、がまんできないかゆみです。

お風呂に入ったり、布団に入って体が温まるとかゆみもひどくなります。

また季節によっても肌の状態が違い、 1.夏に悪化するタイプと、 2.冬に悪化するタイプに大別されます。

夏に悪化するのは、大量の汗で皮膚が刺激されること、また湿疹の部分に細菌が繁殖しやすくなることなどが原因です。

一方、冬に悪化するのは、カラカラの空気や暖房などにより肌が強く乾燥することが原因です。

気温が多少上がると汗をかきやすくなり、肌が潤うためかゆみが減ってきます。

アトピーを改善するには?

アトピーを改善させる方法というのは色々とあります。

これだけを改善させればアトピーが治るというわけではなくて、色々な面からみて、アトピーを改善させることが必要です。

アトピーを改善するためには、まずはどんなことから始めればいいのでしょうか。

食事の改善、ヘルスケアの面での改善、アレルギーでの改善といったように色々とアトピーを改善させるための方法というのはあると思います。

🔸食事で改善させるという場合には、毎日の体質を改善することを目的として、ステロイドを使わなくてもいいようにするために、

サプリメントを摂取したり、栄養バランスの良くするなどする必要があります。

🔸スキンケアで改善するという場合には、化粧品を変えたり、肌の保湿を考えた製品選びなどがお勧めです。

肌が弱い人というのは一般の人が使うような化粧品では、成分が強すぎることもありますので、

スキンケアで改善させようと思っている人の場合には、化粧品選びや製品選びを徹底することも大切です。

アトピーの体質改善とは?

アトピーでは症状を抑えるためにどうすればいいのか、考えるのではなくて、アトピーの体質を改善することを考えて色々な政策を考えた方がいいでしょう。

食事にしても、化粧品についても、色々なことに注意して生活をしてみると、きっと薬よりは時間がかかると思いますが、アトピー体質を改善させることができると思います。

薬物治療は即効性がありますが、根本の治療や改善にはつながらないのです。

体質改善をしていくことは、一朝一夕にはいかないこともありますが、ご自身の出来る範囲でも構いませんので諦めずに立ち向かうことが大切です。

また、漢方服用だけではなく、ご自身の体質に合った食事や運動の仕方、休養や取り巻く環境との付き合い方、 そして一番大事なのは心持ちをどうしていくのが良いのか?

老廃物を適切に運び排泄できる体を作るということがアトピー性皮膚炎を改善させる上で最も需要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

アトピー性皮膚炎は、「体質の改善」が時間はかかっても根気よく進めることが重要です。

お子さんには少々“酷”のようですが、考え方を十分理解し医師との相談をすることが必要なのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク