Pocket

フィトケミカル(ファイトケミカル)という言葉を聞いたことがありますか?

フィト=『植物』、ケミカル=『化学成分』という意味で、野菜や果物の色素や香り、辛味、苦味などに含まれる機能性成分のことです。

機能性成分は生きるために必須なものではありませんが、免疫力向上、老化抑制、肥満予防といった、健康に生きる手助けをしてくれます。

ここでは、「スープダイエットとは」「フィトケミカルとの関係は?」「4つの方法と高橋教授は?」

に迫ってみました。

スープダイエット=フィトケミカルとは?

日本のファィトケミカル第一人者である元ハーバード大学准教授高橋弘医学博士のもと誕生しました。

たくさんの種類のファィトケミカルが一度に手軽に取れる特別なスープなのです。

「フィトケミカル」(ファィトケミカル・フィト=『植物』、ケミカル=『化学成分』)とは、

野菜、果物、豆類、いも類、海藻などの植物に含まれる化学成分のことで、 具体的には、

植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るために作り出した色素や香り、アク、辛味などの成分です。

数千種類以上あるフィトケミカルには抗酸化作用を持つものが多いことから、抗酸化作用による老化予防が期待できるほか、

代謝の促進、免疫力向上、脳機能の強化などその種類によってさまざまな働きがあると言われています。

例えば「アントシアニン」「カテキン」「リコピン」など耳にしたことがある成分も、フィトケミカルに含まれます

フィトケミカルを効果的に摂るための4つのコツ

「フィトケミカル」を効果的に摂るコツは以下です。

🔸 .野菜は皮ごと食べる 野菜の皮にもフィトケミカルが含まれているため、よく洗って皮ごと料理に使うのがオススメです。

🔸カロテノイドは油と一緒に摂る カロテノイドのβ-カロテンやリコピンなどは脂溶性のため、油と一緒に摂ると吸収しやすくなるといわれています。

🔸含硫化合物はなるべく加熱せずに摂る 含硫化合物のアリシンやイソチオシアネート、スルフォラファンは熱に弱いため、

これらを摂るなら加熱をせずに摂りましょう。 ただし、アリシンを含むニンニクや玉ねぎなどの野菜は生で摂り過ぎると胃を荒らす原因になるため食べ過ぎには注意してください。

🔸フィトケミカルは組み合わせて摂る フィトケミカルは健康によい働きが期待できますが、

それぞれが持つ働きが異なるため、単体で摂るよりも組み合わせて摂ることで健康へのより一層の影響が期待できます。

いろいろな食品をバランスよく、しっかりと食べるようにしましょう。

高橋弘医学博士とは?

🔸名前:高橋 弘(たかはしひろし)

🔸出身:山形県遊佐町

🔸住居:東京都の多摩地区に居住中。

🔸生年月日:1971年?月?日(49歳)

🔸学歴:東京慈恵医科大学・同大学院卒。

🔸職業:麻布医院院長

🔸趣味:車いじり、写真、旅行、樹を見ること

高橋弘教授の経歴

・ハーバード大学医学部内科元准教授。

・専門はがんと肝炎の治療。

・ハーバード大学で行った「免疫とがん」の研究で、「栄養免疫学」をテーマにしファイトケミカルに着目。

・食生活からくる現代病を予防できる機能性成分としてファイトケミカルの効果を提唱。

・治療の補助としてファイトケミカルの溶け込んだ野菜スープを患者にすすめ成果を上げている。

まとめ

いかがでしたか? スープダイエット(フィトケミカル)の概要について記述しましたが、 詳しくは以下を参考にしてください。

⇒医者が考案した命の野菜スープ | 【ハーバード式】野菜スープ 

 

関連記事は以下にもあります。

⇒ケトン体とは?ケトンダイエットとは?方法・注意点は? の記事はコチラ

⇒コロナ太り解消ダイエットとは?原因と、解消方法に迫った!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク