Pocket

ダイエットに関してはいろいろなメソッドが際限なく出ているので、自分には何が向いているのかを決めるのは難しい。

私たちの好奇心を最もあおったのは何だろう? Googleが最もググリが多かったベスト10を公表しました。

順次説明していきます。

ここでは、1位の「ケトジェニック(略してケト)とは?」「糖質制限とは?」「ケトジェニックと糖質制限どちらを選ぶべき?」

に迫ってみました。

ケトジェニックとは?

ケトジェニックは、脂質を多く、炭水化物を少なく摂取する食事方法のことです。

簡単に説明すると、今まで糖質で身体を動かしていたエネルギーが無くなってしまったので、脂肪を燃やして体を動かそうとするダイエット。

ケトジェニックダイエットでは、糖質の代わりに脂質を大量に摂取します。

糖質が足りない体内では、エネルギーを補うために脂肪を分解して作った「ケトン体」を利用して体を動かすようになります。

この状態をケトーシスと呼び、糖質が体に摂取されるまで脂肪をエネルギーとして体を動かします。

つまり、1度でも糖質を摂取しすぎると、ケトーシスではなくなります。

本当にケトーシスになっているかを確認するためには、試験紙などを使うしかありません。

しかし、体脂肪の減り方や、体臭や口臭が甘酸っぱい独特の香りになるので、それで判断することもできます。

ケトジェニックのPFCバランスは、「高タンパク質、高脂質、低糖質」です。 アメリカの栄養学研究所によると、スタンダードなケトジェニックのPFCバランスとして推奨されているのが、

P=20%、F=75%、C=5%。 ドクターやトレーナーによって、脂質量が60〜90%と推奨する摂取量が異なりますが、「脂質をたっぷり摂取する」と理解しておけば問題ありません。

脂質が増減した分は、タンパク質で調整を行って下さい。

PFCバランスとは?

ケトジェニックと糖質制限はこのPFCバランスを意識しながら、食べるものを決めていきます。

PFCバランスを簡単に説明すると食事による 三大栄養素(タンパク質、脂質、糖質)の摂取カロリーが

それぞれ摂取カロリー量の何% に当たるかを示したもの。 全ての栄養素が私たちの健康を維持するために必要不可欠です。

PFCのカロリーの出し方はすごく簡単なのでぜひ覚えておいてください!

• P(タンパク質)=4kcal

• C(糖質)=4kcal/g

• F(脂質)=9kcal/g

例えば、スルメはほとんどタンパク質なので、10g食べたとして10g×4=40kcalと計算できます。

バターはほとんど脂質なので、10gは10g×9kcalで90kcal。

糖質制限とは?

糖質制限とは、その名の通り「糖質を制限するダイエット」のこと。

• 米やパン、麺などの主食類

• 根菜類 • 果物 など糖質を多く含む食品を制限することにより、ダイエット効果を得ます。

糖質制限には4つの種類があります。

1. スーパー糖質制限:1食あたり10〜20g、1日30〜60gが目標。

2. スタンダード糖質制限:1日の糖質の摂取量は70〜100gが目標。

3. プチ糖質制限:1日の糖質の摂取量は110〜140gが目標。

4. ロカボ:1食あたり20〜40g。

間食は10gまで。1日の摂取量は70~130gが目標。 スーパー糖質制限が1番ケトジェニックに似ています。

糖質を制限することによりエネルギー源が無くなるので、代わりに脂肪を分解して使うようになる、ケトン体を出す状態ですね。

その結果、体脂肪や内臓脂肪の減りが早くなるというわけです。

ケトジェニックダイエットと同じく注意しなくてはいけないのが、ケトン体になっている状態に1度でも糖質を取ってしまうと、

また1からのスタート。 さらに、何度もこの状態を繰り返すと、ケトン体を作り出すのが苦手な体質になってしまいます。

ケトーシスになるのは個人差です。スタンダード糖質制限でもなる人はいます。 糖質制限でのダイエットのポイントは、ケトン体にならなくても大丈夫ということ。

糖質を制限することにより、血糖値の上昇をコントロールすることができます。

つまりインスリンの分泌を抑えて、脂肪を蓄えないようにします。

ケトジェニックと糖質制限どちらを選ぶべき?

ケトジェニックと糖質制限どちらを選んだ方が良いか、迷いますよね。

ケトジェニックを行う人も、まずは糖質制限から始めて、徐々に糖質量を減らしてからケトジェニックに変えるのがおすすめ。

急に始めるとめまいなどの症状が出ることがあるためです。

なお、ケトジェニックに移行後、目標を達成したら、糖質制限に戻し徐々に糖質量を増やしていくと良いでしょう。

🔸ケトジェニックがおすすめの人

「ここまでに絶対痩せなくてはいけない!」と期間が決まっている人はケトジェニックがおすすめです。

糖質制限と比較してケトジェニックのメリットは2つ • 糖質制限より即効性がある • 脂肪の減りが早い 糖質制限より、かなり厳しい制限があるケトジェニック。

その分、体重や脂肪の減りを感じることができます。

食べて痩せるダイエットなので、食べることが大好きな人は糖質制限よりケトジェニックがおすすめです。

🔸糖質制限がおすすめの人

大幅な減量を目指していない人は、ロカボなどの糖質制限と筋トレを一緒に行って、筋肉量を維持しましょう。

(ロカボ:糖質(糖・炭水化物)を制限した食事のこと、及びそれを用いた食事法のこと。低糖質食、糖質制限食ともいう。「low-carbohydrate」(低炭水化物)の略である)

ケトジェニックと比較した糖質制限のメリットは4つ

• ケトジェニックより苦しくない

• ケトジェニックよりお金がかからない

• 人付き合いができる

• 導入期間の辛さがない

脂質を大量に摂取できない人は糖質制限がおすすめ。

ケトジェニックは、脂質を取りすぎるとお腹の調子が悪くなってしまう体質の人にはあまり向かないです。

自分の体と相談してどちらが良いか決めることが肝要です。

まとめ

いかがでしたか?

一部の紹介になりましたが、これを参考に前に進んでください。

人気がある理由が分かってきますよ!

 

関連記事は以下にもあります。

⇒の記事はコチラ

⇒の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク