Pocket


アトピーとストレスの関係は?ストレス性アトピーの改善と生活習慣は?

毎日の生活によるストレスは、アトピー性皮膚炎の「痒み」を悪化させる可能性があります。

厚生労働省が行った調査ではアトピー性皮膚炎の悪化要因として、小児では食物や環境アレルギー、成人では心理的なストレスが多いことが報告されています。

ここでは、「アトピーとストレスの関係は?」「ストレス性アトピーの改善は?」「生活習慣とアトピーは?」

に迫ってみました。

アトピーとストレスの関係は?

遺伝要素、環境要素だけでもアレルギーになりますが、最近では受験や進学、就職、転勤、失恋といった心理的なストレスでアトピーになるケースが増えています。

過去に受けた心のキズが思い出されそれが引き金となって症状が表れることもあり、 心理的要因が大きく影響しているとの説が有力です。

アトピーの原因の一つにストレスがありますがご存じでしたでしょうか? 皮膚の疾患なのに精神疾患であるストレスが関係しているなんて、

考えられないと思っている人も多いと思いますが、実はストレスが原因で、アトピーになっているという人は多いのです。

アトピーというのは、ホルモンのバランスが崩れることによっても起きると言われていますから、ストレスがたまった状態が続くと、ホルモンのバランスを崩してしまいます。

自律神経失調症などをストレスがたまっていることが原因で引き起こすという人は多いと思いますから、

やはり、ストレスが原因で、アトピーになるというケースは少なくありません。

アトピーの人がストレスを何らかの形で感じていることは確かです。

ストレス性アトピーの改善は?

ストレスが原因でアトピーが悪化していることもありますから、アトピーを改善させるためには、

ストレスをためないことや、ストレスを上手に解消すること、リラックスすることや、楽しみを持つことなどが必要です。

ストレスを解消して、ストレスをためないような環境で過ごすことができるようになれば、自然に、アトピーの症状が治まるという人もいます。

自分を好きになることで、自分に対して肯定的になります。 自分はこの世界には一人しかいないかけがえのない存在なのだという尊厳観をもてれば、治療に対して積極的になれます。

もし、そういう気持ちがなければ、治療にいい加減になったり、顔など、外から見える場所に疾患がある場合、

周囲の目を気にしすぎて自分を卑下したり、なかなか治らないからといって悲観的になったり、粘り強く治療を続けないのは意志が弱いからだと落ち込んだりする……。

アトピーは皮膚の病気なので精神的なことなどは関係がないと思っている人も多いのですが、

実際には、アトピーはホルモンのバランスが崩れることでも発症しますから、ストレスや精神的なショックなどが原因で、

アトピーになるということは人によってはありますので、覚えておくといいでしょう。

生活習慣とアトピーは?

アトピー性皮膚炎が現代病とも呼ばれる理由、それは私たちの生活習慣にも原因があるのです。

お酒、たばこ、睡眠不足などの不規則な生活は、アトピーのアレルギー素因を暴走させる要因なのです。

それから、忘れてはならないのが「ストレス」。 近年、ストレスとアトピー性皮膚炎の関係性は深いといわれ、

しっかりとストレス対策をおこなわないと、治るどころか悪化する傾向にあるといいます。

アトピー性皮膚炎は「かゆみ」を生じること、それを「掻く」ことで症状が悪化するのですが、ストレスのある人は無意識に掻く行為をおこなっていることがあります。

アトピー性皮膚炎の場合は、ストレスを溜めない、もしくはストレスと上手に付き合うことができれば、掻く行為が減り、症状を回復させることができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

アトピー性皮膚炎が“ストレス”と関係が深いことが分かりました。

少々の情報をまとめましたので、再認識してください。

自分が、相当すると感じたら迷わず医師に相談することが肝心です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク