Pocket

多くの抗原検査の感度は50%~90%の範囲に留まります。

一方、PCR検査では、RNAを増幅することで、数コピーのウイルス粒子も検出可能であり、感度98%と特異度ほぼ100%を実現しています。

この違いの意味するところとは何でしょうか?

ここでは、「抗原検査・PCR検査(COVID-19)の精度の違いとは?」「高精度検査キッド紹介【新型コロナ用語集】」

に迫ってみました。

抗原検査とPCR検査の違いは?

【抗原検査】:

鼻腔ぬぐい液、鼻腔吸引液、あるいは咽頭ぬぐい液を検体として用い、ウイルスの抗原を検出できる簡易検査キットを使用し、

感染の有無を15分から30分程度で判定をする検査です。

また厚生労働省のHPでは抗原の定性検査となり

・ウイルスを特徴づけるたんぱく質(抗原)を

・一定以上のウイルス量を基に

・その場で検査が実施

・判定ができる とあります。

【PCR検査】:

PCR検査はウイルスの遺伝子を検出し、抗原検査は免疫反応を引き起こすウイルス抗原のタンパク質を検出するため、

この2つの検査では「現在感染しているか」を確認できます。

唾液または鼻咽頭ぬぐいで結果が出るまでに約1~3日ほどかかります。

抗原検査・PCR検査(COVID-19)の精度の違いとは

PCR検査は高精度ですが、結果が出るまでに時間がかかります。

したがって、現在の病状にあった適切な検査を選択することが、診断上非常に重要となります。

比較表は以下になります。

高精度の検査キッドは?

高精度な新型コロナウイルス抗原検査キット 99%の高精度をがある商品が出現しました。

タケショウ株式会社から発売されました。

当抗原検査キットはウイルスに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知します。

口咽頭、鼻咽頭、唾液のいずれかの部位から検体を採取します。

詳しい使用方法はこちら ⇒検査キッド

商品の特徴は以下です。

◆当社の検査キットは鼻や咽頭スワブのみならず痛いのが苦手な方には唾液での検査も可能

◆世界120ヵ国で2億テストの販売実績

◆多数の臨床実験の結果、99%の高精度で判定できます。 (感度98.16% 特異度100% 精度99.08)

◆ウイルス感染1日目(感染者と接触した日)でも、陽性・陰性ともに検査が行えます。

◆だれでも簡単に15分~30分で検査可能(30分以降の検査結果は無効です)

◆特別な検査機器は必要なく当キットのみで検査可能

◆検出までわずか4つのステップ

タケショウ株式会社とは?

◆会社名:タケショウ株式会社

◆所在地:東京都江戸川区西小岩3丁目21番22号

◆業種:商業(卸売業、小売業)

◆代表者:竹原倫之

まとめ

いかがでしたか?

コロナ関連検査キッドの開発が盛んです。

精度の高く、安価な検査方法が出現し今後の安心にっ寄与することでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク