Pocket

新型コロナ変異種、感染者を国内初確認 空港検疫で5人

厚生労働省は25日、英国から航空機で入国した男女5人から感染力の強い新型コロナウイルス変異種が検出されたと発表した。変異種の確認は国内で初めて。いずれも空港検疫で見つかった。 菅義偉首相は田村憲久厚労相に「水際対策もしっかり対応してほしい」と指示した。 変異種への感染が確認されたのは18~21日に英国から羽田空港や関西国際空港に到着した10歳未満~60代の男女5人。うち4人は無症状で、60代男性はだるさを訴えていた。5人は陽性判明後に空港から宿泊施設に移され、現在も療養中で、濃厚接触者はいないという。5人の国籍は非公表。

<h2>

新型コロナ変異種、感染者を国内初確認 空港検疫で5人

</h2>

厚生労働省は25日、英国から航空機で入国した男女5人から感染力の強い新型コロナウイルス変異種が検出されたと発表した。変異種の確認は国内で初めて。いずれも空港検疫で見つかった。

菅義偉首相は田村憲久厚労相に「水際対策もしっかり対応してほしい」と指示した。

変異種への感染が確認されたのは18~21日に英国から羽田空港や関西国際空港に到着した10歳未満~60代の男女5人。うち4人は無症状で、60代男性はだるさを訴えていた。5人は陽性判明後に空港から宿泊施設に移され、現在も療養中で、濃厚接触者はいないという。5人の国籍は非公表。

各国が新型コロナワクチンを緊急承認し接種を開始したが、英国で変種ウイルスが大量発生している。

英国では20日に新型コロナ感染者が1日3万5000人を突破し過去最多を記録した。

このうち変種コロナウイルスは既存のウイルスより感染速度が70%速いとされている。

ここでは、「変種コロナウイルスとは?」「ワクチンへの影響は?」「各国の変種コロナは?」

に迫ってみました。

変種コロナウイルスとは?

英国のウィッティ首席医務官は19日、 「新たな変種がさらに速く広がっており、首都と南東部地域で事例が急増している。

新たに発見された変種ウイルは約1000種に達する」 と明らかにした。

ジョンソン英首相は記者会見で 「変種ウイルスが深刻な疾患や高い死亡率を誘発するという証拠はないが、はるかに速く広がっていることが明らかになった」 と話した。

英国で報告されて世界を緊張させている新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の変種は従来の変種よりも多くの突然変異を有していることが確認された。

特に、従来の変種から個別的に現れていた突然変異を同時に有し、感染力が強まったと推定されている。

英国のマット・ハンコック保健相は「新変種は統制不能状態」とまで言及した。

研究チームの報告によると、B.1.1.7(VUI-202012/01)と命名された新変種は9月20日に英国東南部ケントカウンティで、

9月21日にはロンドンで初めてその出現が確認された。

その後、増加の勢いは止まらず、

🔸今月15日までに全1623件のB.1.1.7ウイルス試料が収集されたが、

🔸519件は大ロンドン(Greater London)地域で、

🔸555件はケント地域で、545件はスコットランドやウェールズなど英国内の他地域で、

🔸4件はデンマーク・ベルギー・オランダ・オーストラリアで収集された。

研究チームは「新型コロナウイルスの進化(突然変異)速度は1カ月に1~2種類と一定だが、新変種の直前の世代になって進化のスピードが速まった」と説明した。

ワクチンへの影響は?

専門家らはウイルスの変異が激しい場合、既存のワクチンが効かない場合もあるため今後事態を鋭意注視すべきと口をそろえていると英フィナンシャル・タイムズは伝えた。

しかし、ドイツのシュパーン保健相は20日、地元メディアに、英国で拡大中の新型コロナウイルスの変異種にもワクチンが「効果を発揮する」と述べた。

英国などで接種が始まった米製薬大手ファイザー製ワクチンを念頭に置いたとみられる。

シュパーン氏は、欧州連合(EU)当局と協議した結果だとした上で、ワクチンが変異種にも従来種と全く同じように効くと強調。変異種が「ワクチンに与える影響は何もない」と語った。

各国の変種コロナは?

🔸インドネシア政府系の分子生物学研究機関、

エイクマン研究所は、新型コロナウイルスの変種について国内でもその存在を確認したと報告した。

中国・武漢から拡散したコロナウイルスに比べて、感染力が高いとみられているが、詳細はまだ研究が必要だと指摘した。

インドネシア政府の新型コロナ緊急対策本部(タスクフォース)でも変種の存在は確認しているものの、「高い感染力」については証明されていないとの見解を示した。

🔸韓国で海外からの帰国・入国者の感染者数が増えている。

8日の新規感染者数のうち「海外流入者数」は33人に達し、約3カ月ぶりの高水準となった。

韓国では欧米から入り込んだ感染力の高い「変種コロナ」が拡散している。

🔸スペイン 突然変異した新型コロナウイルスが、夏以降、欧州で急速に拡大している。

現在、欧州各国で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染者の大半がこの型を占めているという。

ファイナンシャル・タイムズ紙が報じた。

調査の結果、英国における新たな症例10人中8人以上がこの変種によるものであることが判明した。

スペインでは8割、アイルランドでは6割、スイスとフランスでは4割を占める

まとめ

いかがでしたか?

ワクチンへの影響が心配されましたが、大丈夫のようですね!

日本では、“変種コロナ”に関しては、特に問題視されておりませんが、欧州各国は、可なりの変種が確認されております。

当然日本でも同様のことが起こっていると思われます。

今後特に、意識して研究に当たってほしいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク