Pocket

コロナ禍で大変な季節になっておりますが、いよいよ春を迎えて、「花粉症」も気になってきました。

花粉症の治療法というのは、人それぞれ治療法が変わっていると思います。

というのも、症状が人それぞれ違いますから、その人の症状に合わせて花粉症の治療法は決まります。

体質の違いによっても治療法というのは変わってきます。

ここでは、「花粉症に治療方法は?」「花粉症と漢方薬」「鼻炎と漢方」

に迫ってみました。

花粉症の治療方法は?

 

主な花粉症治療には「薬物療法」「手術療法」「アレルゲン免疫療法」が挙げられます。

薬物治療1つをとっても治療薬はこれまでに数多く開発されており、最適な治療法を見つけるためには、ご自分の症状を正確に理解し、医師と相談することが大切です。

薬物治療でどの薬を用いるかは、医師が花粉症の病型(病気のタイプ)と重症度(病気の重さのレベル)をふまえて選択します。

そのため問診では、症状の種類や強さについて詳しくたずねられることが多いです。 どんな症状があるのか、

どのくらいのつらさを感じているか、何を改善したいのか、事前にご自身の症状を把握し、希望をクリアにしておくといいでしょう。

重症度が高まるにともない、複数の治療薬を組み合わせて処方されます。

花粉症と漢方薬

主な治療には、薬物では「飲み薬」「点鼻薬」「目薬」「注射」、手術もあるのです。

花粉症の治療法としては、花粉のピークの時には、花粉症の症状を抑えたり和らげたりすることに重点を置いて行われるのですが、

花粉が飛び始める前から、 花粉症の治療法を見つけていれば、症状は比較的軽く済むといわれています。

例えば花粉症の治療法として最近人気なのが漢方薬を使っての治療法です。

漢方薬を使えば、症状が全く出なくなったという人も中にはいます。

その人の症状に合わせて漢方を処方しますから、その人にぴったりの花粉症治療法というわけです。

花粉症治療法は漢方薬以外にもいろいろとありますし、病院によっても進めている治療法というのは違っていると思いますが、

自分が花粉症治療法を探したいと思っているのであれば、やはり根本的な体質改善から行えるような治療法を見つけるのが一番ですし、

一人の力では無理だと思いますから、相談をして医師によって自分にぴったりの花粉症治療法を見つけてもらうといいかもしれませんね。

「鼻炎と漢方」

実は“鼻炎は漢方の得意分野”なのです。

漢方薬は症状の出はじめから、慢性化した頑固な症状の改善まで対応できます。

実は、鼻炎の症状改善で一番大切なのは「あなたの鼻の症状」に合わせた改善法を選ぶことです。

鼻炎とひとくくりに言っても、水のような透明な鼻水や、ネバネバした黄色い鼻水、また軽い症状から辛い慢性的な症状まで症状のタイプは多岐に渡ります。

漢方薬は様々な症状に対応するため、鼻炎に使われる処方が何種類もあり、その中からあなたの鼻炎の症状にピッタリの漢方薬を選ぶことで的確に改善することができるのです。

漢方薬の嬉しい利点がもう一つ。漢方薬には眠くなる成分が入っていない安心して飲めるのも嬉しいところです。

受験生や車の運転をされる方には特に漢方薬がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

「花粉症」のちょっとした情報をお届けしました。これを踏まえて、

次のステップに進んでください。

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク