Pocket

花粉など目に入ってしまった汚れをそのまま放っておくと、かゆみだけでなく炎症も進行してしまうことも。

また、目の中に入った花粉が涙などの水分に触れると、花粉は破裂して多くのアレルゲンが放出されかゆみが増します。

花粉の時期は、目に入った花粉が破裂する前に洗い流すことが眼のケアにとって大切です。

目をまるごと洗うことで目の汚れをすみずみまでしっかり洗い流しましょう。

ここでは、「花粉症と目薬は?」「眼の洗浄効果は?」「アレルギー性結膜炎とは?」

に迫ってみました。

花粉症と目薬は?

花粉症の症状がひどい人は花粉症のシーズンは目薬が欠かせないという人も多いのではないでしょうか。

花粉症の症状の一つに、目のかゆみなどを訴える人も多いですし、目が充血したり結膜炎になってしまう人も多いといわれていますから、

花粉症で目の調子が悪いという人にとっては目薬は必需品です。

アレルギー性結膜炎とは?

花粉に対するアレルギーが原因で、目のかゆみや充血などが起こる病気を「アレルギー性結膜炎」といいます。

目のかゆみ、充血、涙、異物感(ゴロゴロする感じ)、まぶたの腫れなどが主な症状ですが、かゆいからといってこすりすぎると、炎症が悪化して痛みを感じたり、目やにが出たりもします。

花粉症が原因の目やには、粘り気のあまりない水のような目やにです。黄緑色の膿のような目やにや、白く粘り気のある目やには、感染症が疑われるので、眼科を受診しましょう。

目のかゆみや充血は、冷やすことでやわらげることができます。

冷やすことで炎症が少し治まると、楽になるので、つらいときは冷たいタオルや、 ハンカチなどでくるんだ保冷剤などで冷やしてみましょう。

外出後には、目や顔を洗ったあとに行うと効果的です。 花粉症用の目薬なども販売されています。

花粉症による目のかゆみや充血をとることが出来る目薬です。

眼の洗浄効果は?

また最近は目薬ではないのですが、目を洗うことが出来る薬もありますね。 小さなコップの中に液体を入れて目の上へコップを当てて、何度も目を閉じたり開けたりすることで目を洗うことが出来るというものです。

目の中に花粉が入ったままになってしまっていると花粉症の症状もひどくなりますから、花粉症の症状を緩和させるためには、目の洗浄も必要です。

花粉症の時期になるとドラッグストアーなどでも目薬のコーナーなどが設けられますから、自分の症状に合わせて目薬を選ぶといいですね。

花粉症の人で目薬が手放せない人は、メガネやゴーグルなどをつけて外出をするようにして、

できるだけ目に花粉が入らないようにするということも大切な花粉症対策の一つになりますから、合わせて実施しましょう

洗眼薬の効果は?

花粉は目の中だけでなく、目の周りの柔らかい皮膚やまぶたの裏側にも付着して炎症を引き起こします。

そのために、目の中の花粉だけでなくまぶたの裏について花粉までしっかり洗い流すことも大切なケアです 洗眼薬を使うことで、目の奥や、まぶたの裏側までスッキリと洗い流せます。

花粉がツライ時期、入ってしまったトラブルの原因である花粉やゴミなどを しっかり洗い流すには、目的に合わせて使い分けるのもオススメです。

まとめ

 

既に「洗眼」を実行されている方は、多いと思いますが、「洗眼の意義」を十分理解して 実行されることを望みます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク