Pocket

イギリスのバイオベンチャー「イオスビオ」では飲むワクチンを治験中で、年内の接種開始を目指している。

冷凍もいらない、高温の強くセ氏50度まで対応可能で、温度管理の難しい新興国での利用も可能なのです。

ここでは、「イオスビオとは?」「供給能力」「イオスビオ社は?」

に迫ってみました。

イオス・ビオ(飲むワクチン)とは?

イギリスのバイオベンチャー「イオス ビオ」が飲むワクチンの開発を進めている。

現在、新型コロナウイルスのワクチンは注射による接種のみだが、「イオス ビオ」のものは口から飲むことで効果を得ることが出来る。

また、高温に強く摂氏50度まで対応。 温度管理が難しい新興国での利用も可能。

「イオス ビオ」は1ヵ月に数億回分の製造能力を持つアメリカの製薬ベンチャーと独占契約を結び年内の接種開始を目指している。

イオスビオの供給能力は?

「イオスビオ」は、1カ月に数億回分の製造能力を持つアメリカの製薬ベンチャーと独占契約を結び年内の接種開始を目指しております。

(情報が入り次第追記します。)

イオスビオ社は?

2021/02/03:テレビ東京 【ワールドビジネスサテライト】で「イオスビオ」の“飲むワクチン”が紹介されました。

イギリスのバイオベンチャー・イオスビオが、飲むワクチンを開発しているのです。 イオスビオ会長は、・ウェインシャノン氏です。

(情報が入り次第追記します。)

まとめ

いかがでしたか?

東京都の梶原副知事が、ワクチンチームが協力して住民へ速やかな接種体制を構築することが必要だと述べた。

日本医師会の会長は、ワクチン接種が感染を抑える鍵を握ると強調した。

これは本当に効果があれば今後のワクチンの世界を大幅に変えると言われえおります。

 

情報が、まだ少ないようです。情報が入り次第追記します。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク