Pocket

「花粉症が発症する季節を教えてください」と質問したところ、『春(80.1%)』と回答した方が最も多く、

次いで『一年中(10.1%)』『秋(4.7%)』と続きました。

やはり花粉症は春に発症しやすいようです。

春はスギやヒノキといった植物の花粉飛散時期であるため、花粉症にかかりやすくなるのでしょう。

ここでは、「花粉症のアンケートは?」「アンケートの教訓は?」「医師が行っている花粉症対策は?

に迫ってみました。

花粉症のアンケートの意義は?

 

花粉症に悩んでいる人はとても多いのですが、花粉症に悩んでいる人のアンケートを見たことがありますか?

もしもあなたが花粉症に悩んでいるのであれば、一度アンケートを見てみるととても参考になっていいと思いますね。

たとえば花粉症のアンケートにはどのようなことが書かれていたのかというと、

花粉症のアンケートの中では、 毎年どれくらいの時期から花粉症対策をしているのか?という質問がありました。

皆さんかなり優秀で、その時の答えには、だいたい3―6か月前から少しずつ花粉症対策を始めているという人が多かったです。

そして他にも花粉症の時に外出するときにはどのような格好をしているかというアンケートもあったのですが、

完全防備で、メガネにマスク、防止にナイロン製のコートやジャケットを着て出かけるという人がほとんどでした。

また効果のあることとして実践していることとしては、ヨガやピラティスで抵抗力をアップさせているという答えも花粉症のアンケートにはありましたし、

ヨーグルトを毎日食べるなど食生活面で気をつけているという人も多かったように思います。

このように花粉症のアンケートを見てみると、同じ花粉症に悩んでいる人がどんな対処法をしているのかなどを知ることができます。

アンケートの教訓は?

🔸「花粉症が発症する季節を教えてください」

 

『春(80.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『一年中(10.1%)』『秋(4.7%)』と続きました。 やはり花粉症は春に発症しやすいようです。

🔸「花粉症の症状でツライと感じる症状を教えてください(複数回答可)」

『鼻水(81.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『目のかゆみ(72.8%)』『鼻づまり(57.6%)』『くしゃみ(55.4%)』『目の充血・異物感(27.1%)』と続きました。

花粉症の中で、鼻と目に現れる症状をツライと感じている方が多いようです。

🔸花粉症のココがツライ…

・「鼻をかみすぎて鼻の下が痛い」(20代/男性)

・「鼻がつまって口呼吸をしたら風邪をひいた」(20代/女性)

・「肌が乾燥してるのに花粉でも肌荒れした」(20代/女性)

・「寝ている時に目をかきすぎて、朝起きたら目が腫れていた」(40代/女性)

などの回答が寄せられました。

🔸「自宅で特に行っている対策を教えてください」

『部屋の窓を開けない(35.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『空気清浄機を設置(33.1%)』『シャワーを浴びる(16.7%)』『掃除機で花粉を吸う(6.5%)』と続きました。

自宅に花粉症が入ってくるのを防ぐために部屋の窓を開けない対策や、もし入ってきた場合に備えて空気清浄機を設置し対策しているようです。

🔸花粉症対策を忘れて失敗したことありますか?」

半数以上の方が『ある(51.8%)』と回答しました。

花粉症対策を忘れてしまうと、どのようなことが起きてしまうのでしょうか? 詳しく聞いてみました。 花粉症対策を忘れてしまって…

・「マスクやポケットティッシュを持ってなくて服で鼻水を拭いてしまった」(20代/女性)

・「楽しいはずの旅行が鼻水ぐじゅぐじゅで辛かった」(30代/女性)

・「高級なご飯を食べに行ったのに、味がわからなかった」(30代/男性)

・「薬を飲み忘れたら、くしゃみが止まらなくなって会社で電話に出られなかった」(40代/女性) などの回答が寄せられました。

🔸「今の花粉症対策に満足していますか?」

6割の方が『いいえ(60.5%)』と回答しました。

今の花粉症対策だけでは完全に花粉を防げるわけではなく、さらに効果の高い花粉症対策を求めているのでは…!?

今回の調査で、花粉症を持っている方の対策方法が判明しました。

医師が行っている花粉症対策は?

まとめ

いかがでしたか?

アンケートの一部を紹介しました。

意外にも、“対策に満足していない”方が約70%もあることの驚きました。

時々、アンケートを開くことをお勧めします。

自分だけではなく、多くの方の情報が得られます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク