Pocket

衝撃のニュースが舞い込んできた。“愛ちゃん”こと卓球・福原愛の不倫だ。

2月の下旬に横浜中華街で一般男性とデートをし、ホテルに宿泊。翌日もふたりきりの時間を満喫し、福原の自宅に泊まったのだという。

男性は一般企業に務めるエリート会社員で6、7年前に友人が開催した食事会で出会ったそうだ。

ここでは、「福原愛の不倫・別居報道!愛ちゃんと夫・江宏傑(ジャン・ホンジュ、)のWiki経歴 ・不倫報道は?」

に迫ってみました。

福原愛さんのWiki経歴

◆ 名前:福原愛(ふくはらあい)  

◆ 愛称:愛ちゃん,天才卓球少女,小愛,瓷娃娃

◆ 生年月日:1988年11月1日(32歳)

◆ 出身地:宮城県仙台市

◆ 居住地:台湾

◆ 血液型:B型

◆ 身長:155㎝

◆ 学歴:青森山田中学高等学校、早稲田大学中退

◆ 職業:タレント、解説者、

◆ 家族:夫・江宏傑(ジャン・ホンジュ)、子供2人、

福原愛さんの経歴

・秋田県大曲市(現・大仙市)出身(2013年10月6日逝去)の父親(当時、宮城県仙台市で会社経営)と、

宮城県登米郡石越町(現・登米市)出身の母親[7](元・卓球選手)との間に、1988年(昭和63年11月1日に宮城県仙台市の病院にて出生

・母と兄の影響で、1992年(平成4年)8月13日に母からラケットをもらい、福原も卓球を始めた。すなわち、3歳9か月から卓球の英才教育を受けた。

・マスコミは、幼稚園生が小学生のクラスで快進撃を続ける姿に注目し、「天才卓球少女」と報道した。

・国内戦歴:

• 全日本選手権 シングルス 2011,2012

• 全日本選手権 女子ダブルス 2002-2004,2007

• 全日本選手権 混合ダブルス 2004,2006

・受賞歴:JOCスポーツ賞 特別功労賞 2010,2012

・内閣府「災害被害を軽減する国民運動サポーター」、中国などとの間の様々な親善大使、出身地である仙台市の観光大使、CM出演なども務めてきた。

・リオデジャネイロオリンピック終了後の2016年9月1日に中華民国の卓球選手:江宏傑と国際結婚(入籍)。

この件についてリオデジャネイロパラリンピック終了後の9月21日に東京都内で夫妻ツーショット記者会見を開いて正式に発表した。

・2018年10月、現役引退を表明した

江宏傑(ジャン・ホンジュ)さんのWiki経歴

◆ 名前:江宏傑(ジャン・ホンジュ)

◆ 生年月日:1989年2月22日(32歳)

◆ 出身地:新竹市(台湾) 

◆ 身長:180㎝

◆ 学歴: 長栄大学、中国文化大学卒業

◆ 職業:銀行員、台湾の男性卓球選手。 ◆ 所属: 合作金庫銀行

江宏傑の経歴

・台湾の男性卓球選手。妻は日本国の女子卓球選

・2003年にチャイニーズ・タイペイ(中華台北)ジュニア代表に選出され、その年の世界ジュニア卓球選手権(チリ・サンチアゴ)では男子団体で2位となっている。

・2006年の国際卓球連盟(ITTF)ワールドジュニアサーキットファイナル(セルビア・ヴルシャツ)では、松平健太(日本)に決勝で勝利し、ファイナルチャンピオンとなっている。

・2016年リオデジャネイロオリンピックではチャイニーズ・タイペイ代表として男子卓球団体戦に出場した。

・2016年9月、日本の卓球選手・福原愛と結婚、11月より日本のビールメーカーアサヒビールのアサヒスーパードライのCMに夫婦で出演。

・2017年、日本卓球リーグ2部の琉球アスティーダに2年契約で加入。

福原愛の“不倫”現場は?

あの“国民的娘”、“泣き虫愛ちゃん”が不倫!? 目を疑うような衝撃のスクープ撮だ。

3月4日発売の『女性セブン』が《台湾に夫も子も残して里帰り不倫》と、卓球女子元日本代表・福原愛の“不倫”現場を押さえた写真を掲載したのだった。

同誌は、メジャーリーガーの大谷翔平選手似のエリート会社員だという高身長のAさんと、マスク越しでも楽しげな様子がわかる小柄な福原との横浜デートをキャッチ。

2人はホテルで1泊し、さらに彼女の自宅マンションでも一夜を過ごしたと報じた。

「『セブン』さんが横浜デートを抑えたのは2月27日のようで、直撃取材をしたのがツイート翌日の3月1日のことから、彼女の希望通りに事実確認をしたのでしょう。

取材に“仲の良い友達”と関係を否定した愛ちゃんですが、同誌が撮った写真の2人を見ると、その距離感からして恋人同士にしか見えないのも事実。

 そして府に落ちないのが、マークされているのをわかっていながら白昼堂々Aさんとデートし、お泊まりをしたのかということ。

番組放送からわずか2週間ほどの急転直下の展開ですが、まるで日本に滞在している間に“新恋人”の存在をバラしたかったようにも思えてなりません」

ところが、不倫をスクープした『女性セブン』と同日発売の『週刊文春』が《離婚全真相 モラハラ台湾夫とモンスター家族》と題して、

福原が江選手から言葉と態度による暴力を受けていたことを報じたのだ。

そして1月中旬に日本と台湾に提出する2枚の離婚届に判を押し、夫にもすでに離婚の意思を告げたとしている。

2019年末に子どもを連れて帰国した妻を、夫は日本まで追いかけてきて謝罪し、態度を改めると誓う。

しかし、台湾での生活に戻るとモラハラが再発し、見限った福原は離婚届に判を押した。

同時期に東京を拠点に自身が代表取締役を務める『株式会社omusubi』を設立するも、会社の役員欄に江選手の名前は記されなかった。

まとめ

 

詳しくは、「女性セブン」「週刊文春」を参照いただきたいが、台湾、中国では「大ゴシップ」として騒然となっているようです。

「愛ちゃん」のかわいらしい印象が、壊れないように願うものです。

 

 

関連記事は以下にもあります。

⇒渋沢栄一のWiki経歴と理念は?大河ドラマ、新一万円札に選ばれて理由がスゴイ! の記事はコチラ

⇒コロナロスとは?コロナロスの理由と重要点は?【新型コロナ用語集】 の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク